Office 2007 の互換性

まさか、こんなことになるとは....

Microsoft Office2007で作成した書類が、古いOffice製品では読めないのだ。
一応、マイクロソフト社のサイトをみると、対応策がアップされているのだが、それでもまったく知らない人にとっては、いったい何が起きたのか分からない状態になる。

気をつけなければならないファイルは、拡張子で判別できる。

・ Word 文書 (*.docx)
・ Word マクロ有効文書 (*.docm)
・ PowerPoint プレゼンテーション (*.pptx)
・ PowerPoint スライドショー (*.ppsx)
・ PowerPoint テンプレート (*.potx)

が添付ファイルなどで送られてきたら、要注意である。
対処方法は、以下のページを参照してください。

【Windows】
 ・Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック

 このページにも記述されてますが、1)WindowsUpdateをして最新の状態にしてから、2)ダウンロードした互換性プログラムをインストール する必要があります。

【MacOS】
 ・Microsoft Office Open XML File Format Converter for Mac 0.2.1 (ベータ版)

※これらは、マイクロソフトのXML戦略の一つで、拡張子にxがついているファイルは、XML形式の圧縮ファイルなのだそうです。簡単に言えば、ワードもエクセルもパワーポイントも、書類ファイルはすべてXMLで記述可能にした...というのが、今回の状況を招いた模様。それはそれで、将来に向けた戦略として間違いではないのですが....※
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-01-13 12:48 | 日々是電網 | Comments(1)
Commented by After内藤 at 2008-01-13 15:16 x
 仕事先でもトラブル続出で困ってます。どこまでもユーザ不本意でとても迷惑しています。
<< ドライブスルーのワクチン接種 師匠とロールモデル >>