せんたく

そろそろ、国民は立ち上がらんといかん!...のかも。

 ・新しい日本をつくる国民会議-21世紀臨調-オフィシャルホームページ

ぜひ[記者会見映像を見る]で、ご覧下さい。テレビ報道だけでは伝わらない会場の雰囲気がわかります。

この国をなんとかするには、まずは国民一人ひとりの意識の変革、その次に国(政府)の変革が必要だと言っています。
国民一人ひとりの意識の変革は、教育から変えていかないとダメかもしれません。学校を卒業してしまった人たちにとっては、やはり社会教育施設である「図書館」が国民意識の変革のための情報提供をしていかなければ...いけないだろうな。



いま、記者会見の映像を見終わって感じた事は、これはなにも「国政」に対してだけもの申す...という活動団体ではなさそうだと。むしろ国民一人ひとりの意識改革、本当の意味での住民自治を目指すなんらかのアクションを起すものように思えました。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-01-20 23:59 | 日々是電網 | Comments(2)
Commented by lanova at 2008-01-21 00:24
そうですね。ここでガラガラポンをして変えていかない限りいつまで経ってもバンドエイドでしかないような気がします。
Commented by maruyama_takahiro at 2008-01-21 00:50
米国は大統領選挙の年ですね。テレビでの報道くらいしかわかりませんが、実際にはかなりお祭り騒ぎなのでしょうか。
例えば大統領選挙の一年間だけでも、米国民のみなさんは、政治にふか〜く関心を持たれるんですよね、たぶん。予備選挙のその一票が国の代表の選択になるのですから。

日本の総理大臣は、なんとなく順番でお鉢が回ってくる感じもあり、誰がなっても同じ感が国民の中にもあるのだろうと思います。まずは『関心」を持つ事、そして自分の手の届くところから変えていく事。今求められているのは、実はそのようなシンプルなことなのではないでしょうか。
<< 図書館+Flickr+地域コンテンツ ご来館、ありがとうございました。 >>