■そうか!情報って「情況報告」だったんだ。 その3

■そうか!情報って「情況報告」だったんだ。 その3
 −情況と状況−
 
 広辞苑にあった【情況・状況】という記述に関しては、それ以上のものが出てこない。どういう場合が情況で、どういう場合が状況なのかである。類似用語を探りながら考えてみたい。
 「状況」類似語として「状態」という語がある。モノの有様と考えると、物理的な存在(物体)の有様を指すと考えることができる。つまり「状況」とは、物理的なモノなどの様子、有様。とすることができる。
 これに比べて「情況」の類似語には、「情勢」という語がある。モノというよりもむしろ、その場の雰囲気/メンタルな面での勢いを指すのではないだろうか。つまり「情況」とはメンタルな様子、有様。と考えることができる。
 具体的に例えれば、戦車や装備はボロボロな状況であっても、戦意は上昇していれば、情況はよいのであり、逆に戦車も装備も無傷であっても、戦意喪失していれば、情況は最悪である。司令官としては、そのどちらも知りたいところであろうから、本来ならば「情況報告」というよりも「情状報告」の短縮語が「情報」であるといってもよいかもしれない。情状というと何か難しい言葉のようにも聞こえるが、実は私たちは日々のニュースやテレビドラマなのでよく耳にしている。「情状酌量」という時の情状が、これである。
 以上のように、「情報とは何か...」を語源から探れば、それは軍事用語であり、「情況報告」あるいは「情状報告」の短縮語である。
 そして注意しなければならないことは、この軍事用語が、小学生も使う日常語となったことである。
 
(参考文献)
広辞苑 第五版
[PR]
by maruyama_takahiro | 2004-07-16 08:00 | 日々是電網 | Comments(0)
<< ■そうか!情報って「情況報告」... ■そうか!情報って「情況報告」... >>