東山魁夷展

僕が高校生のとき、「白馬のいる風景」を見て、とてつもない衝撃(静寂で震えるような)を受けました。この東山魁夷氏の絵をみると、不思議な事に「あの頃の自分」に還るような想いもあります。『道』という作品は自分の進路や人生の道を感じながら見ました。日本画という技法の魅力をとても感じたものです。

a0001068_9584550.jpg生誕100年 東山魁夷展

 2008年3月29日[土]−5月18日[日]
 東京国立近代美術館

...誰と行こうかな...
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-02-01 10:00 | まるちゃんの趣味 | Comments(0)
<< あらたにす 野菜って洗剤で洗うものなのぉ? >>