SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERS

図書館ではないが、こんな書店がある。

 ・SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERS

小粒でもいい味出しているところはたくさんある。
要は、“やる気”の問題なんだろうな。

やる気のあるNPOには、小さくてもキラキラしているところがあるようだ。
NPOよ、もっと果敢にチャレンジしようぜ!!
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-02-15 21:21 | これからの図書館 | Comments(2)
Commented by lanova at 2008-02-15 22:58
サイト見ました。ということは編集制作そして販売までが業務なんですね。ということは東販や日販をすっ飛ばすスタイルですか?でもここで販売される書籍類は流通に乗せられたものですよね。う~ん、どうも仕組みがよくわからないわ…
↓どうぞよろしくお願いします!
Commented by maruyama_takahiro at 2008-02-16 09:27
僕もまだお店に出かけた訳ではありませんが、なんていいましょうか、「出版する書店」いや、何かもっと違う可能性を持っているような気がします。

最近職業に関する本があるのですが、ちょっと前なら「○○○になるには」という職業名だったものが、最近では「□□□に関わる仕事」となってきています。中身を見れば○○○になるには〜的なものなのですが、最初っから「○○屋さん」って決めてしまうのはどうなんだろう...という感じ。
最初っから「図書館員」になると決めてしまうのではなく、「編集やデザインができて図書館みたいな場所にいる人」をイメージするとか。「設計や工作ができて公民館みたいな所にいる人」をイメージするとか...

もっと柔軟な感覚で望んでもいいんじゃないかなぁ...って、考えているんです。
<< 地域資料デジタル化に関する普及啓発 残すところ、あと2年と一ヶ月半。 >>