地域資料デジタル化に関する普及啓発

そろそろ、来年度の事業について、あれやこれや夢想する時期です。
デジ研としては、平成20年度に向けての事業を考えたいところです。デジ研がミッションに掲げている

 地域資料デジタル化に関する普及啓発

とは、デジタルアーカイブの意義を世の中に伝えるとともに、その技術の普及や啓発発動を行うことを含んでいます。別のNPO法人ではデジタルアーキビストの資格認定も行っていると聞きますが、デジ研は「デジタルアーカイブの実技を身につける」ための講座/セミナーを実施できたらいいなぁ...と、個人的にですが考えています。

そこで、講座やセミナー用のパソコンは用意したいところです。いわゆる教室型であれば、20台程度...なんてことになるでしょうが、NPOとしてはそこまでの先行投資はできません。できれば10台。せめて5台程度のWindows VistaまたはMacOS + Vista環境のパソコンを準備したいところですね。

デジ研の他の理事のみなさんにも、MLを通じてご意見を伺っているところです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-02-16 21:00 | デジ研 | Comments(0)
<< みんなの山梨アルバム SHIBUYA PUBLISH... >>