パーソナルデジタルアーカイブを始めると...

パーソナルデジタルアーカイブを始めるためには、それなりの覚悟(?)が必要かもしれません。1コマごとに、写真の公開モードをプライベート/家族/友達/一般公開と設定することもそうですが、何を目的としたアーカイブなのか...をはっきりと持っているとよりよいでしょうね。
僕の場合は、ずばり「この時代に生きていたという証し」のようなものです。1961年生まれの僕は、どうにかこうにか2008年の今日までは確実に生きていました...という感じです。だから何?それにどんな意味があるの?なんて問われると答えに窮しますけど....ね。
というわけで、パーソナルデジタルアーカイブには、ちょっとばかり照れくさい(恥ずかしい)写真も、少なくはありません(本当に、若気の至りを実感します)。
これからも、密やかに楽しみにしてください。

【今日のデジタルアーカイブ小道具】
フィルムが思っていた以上に劣化しているようなので...
・ネガシート(山中湖の写真屋さんに譲っていただきました。ありがとうございます)
・ブロアー(空気でホコリを払うヤツ)
・フィルムのクリーナー(があれば、そんなのも必要です)
・手袋...白い薄い生地のやつ
・ダーマトグラフィ...思い出せる範囲で、ネガシートにメモ
これらを、パーソナルデジタルアーカイブのお道具箱に入れておきます。
次の設備として考えられるものは、
・ライトテーブル...自作もアリですが、薄型のLED対応がいいですね。
・コピースタンド...大きな写真を撮影する場面になったら必須
・コピースタンド用照明...左右から被写体を照らします
・無反射ガラス...コピースタンドといっしょに使用

個人でもデジタルアーカイブを始めるとなると、それなりの先行投資が必要ですね。これをリスクと捉えるか、ミッションのための必要経費と捉えるか...。どちらにしても、機材調達のための資金は必要ですけど。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-02-25 23:52 | DigitalArchives | Comments(1)
Commented by 韓国俳優 at 2008-02-26 00:14 x
くれぐれも流出写真にはお気をつけて
<< 脳内メーカー このポスターが、いいな。 >>