山中湖情報創造館基金

とある公共図書館で、資料費を補填するための基金を設置し、募金を集めたところ、これまでに1円も集らなかった...という新聞記事を読みました。

そこから得られるポイントは3点

公共図書館の資料費または運営にあてるために
・募金(寄付)を募る事例が登場した
・基金の設置という手法がある
・寄付金集めのための経費について気になった

この手法を、指定管理者制度の図書館にも使えないだろうか。
例えば、「山中湖情報創造館基金」を設置し、そこに寄付を集める。

ライブラリーショップや指定管理者による自主事業による売上げの一部を、その基金に入れる。チャリティイベント等による参加費のうち、寄付金額の全額をこの基金に入れる。
そして将来この基金をもって、図書館の運営にあてる...とか。夢かなぁ〜。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-03-09 01:40 | これからの図書館 | Comments(0)
<< 今日も徹ちゃん デジタルアーカイブで飯が食える... >>