東京大空襲

日本テレビ開局55年スペシャルドラマ
東京大空襲
 3月17日(日)
 3月18日(月)

エキストラで参加しました。ほんの一瞬、安全が確保された中での再現。カメラのフレームの中での作り事....それでも、これが突然の空襲警報と、B29の轟音と、焼夷弾の降る音と、炎と叫びの中で、何時間も逃げ惑う...そんなことが本当にあったのかと疑うほどの惨事が、かつてこの国は経験してしまったのです。

当時の写真が出てきたというニュースを見ました。
東京大空襲 被災学校の写真 NHK
たぶん、展示会をして地元の資料館あたりに保存されるのでしょうが、こうした写真こそ、きちんとしたアーカイブされることを願ってしまいますね。
一方で、こんな記事もあることを知ると、とても悲しくなります。
きょう東京大空襲63年 証言映像10年“死蔵” 330人分を都が撮影 中日新聞Web(東京新聞)
この記事を読むと、これは行政ではできないなぁ...と、感じます。こうしたデリケートな資料であればあるほど、合意点を見つけることができないから。だからこそ、NPOのような自立した非営利活動が重要は働きを持つのです。

それは、個人や家族の記録なのかもしれませんが、今では当時の様子を知る貴重な資料(共有の記憶)。デジタルアーカイブにきちんと取り組みたい。こんな記事に出会う度に、本当にそう思う。個人的には「デジタルアーカイブで飯を食っていきたい」と思っているし、人生をかけて取り組みたいとも思っている。その為に僕はNPOとして取り組みたいと、覚悟は決めている....決めてはいるのですが....もうちょっと同士が欲しい。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-03-10 09:45 | これからの図書館 | Comments(0)
<< 地域の交流拠点 以前、清里のある方から.... >>