プチ同窓会

山中湖情報創造館では、中学生や高校生などの学習の場として学習室を提供しています(そのまんま...)。図書館によっては、子どもたちが勉強に使うことを拒否しているとか...ちょっと信じられない。そこまでして、読書と学習を区別したいのだろうか?

さてここ数日、高校生の期末試験のせいだろうか、学習室利用が多い。ちょっと話を聞く機会があったのだが、とってもおもしろいことが分かった。

 地元の中学を卒業して、高校はそれぞれいろいろな学校に進学してる。ちょうど3学期の期末試験の時期なので、情報創造館に来て勉強していると、他の高校に進学したクラスメイトもそこで勉強していたりする。それが口コミで広がって....山中湖情報創造館学習室が、プチ同窓会の場と化している...らしいと。

 そっか、そんな使われ方をするのであれば、最初からそういう設計にしておけばいいのにね。そうそうこの中に、建築系の大学志望者もいるとのこと。資格を取って将来図書館を設計することがあれば、お施主さんの要望だけでなく、これからの図書館像/その次の図書館像も、その設計の中に含めてくださいな。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-03-11 00:22 | 山中湖情報創造館 | Comments(0)
<< おススメイベント 地域の交流拠点 >>