会いにいくよ、ヤックルに乗って。

大親友(と僕は勝手に思っている)から、ちょっと辛いメールをいただきました。

僕は4年前に、住み慣れた八ヶ岳(高根町)から離れて、山中湖に来てしまった経験があるだけに、その辛さは誰よりも理解できるし、本当に辛い事だと感じています。

今、僕はあなたのために、何ができるだろう。何をすることがあなたにとって楽になることだろう...ただ、それだけを考えています。

なにもかもが順調に行ってしまう人生は、それはそれでつまらないことかもしれませんが、様々なしがらみや利権の中で、自分のことより回りの人たちのことを第一に考えてきた方だけに、何よりも最も辛い選択しなければならないその思いは、痛いほど...身が引きちぎられるほど、共感できます。夢やぶれ...なんて言葉だけでは言い表せません。

だからね。
会いにいくよ、ヤックルに乗って。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-03-16 01:14 | ひとりごと... | Comments(2)
Commented by lanova at 2008-03-16 01:30
一筋縄ではいかないのが人生ですね。決して順風満帆ではない日々、毎日「運命に負けてちゃつまんないでしょ」と自分に言い聞かせながら暮らしています。
Commented by maruyama_takahiro at 2008-03-16 13:46
「運命との勝負」って、おもしろいなぁ...そんな考え方があるんですね。

一筋縄でいかないならば、二筋縄で。それでも無理なら三筋でも四筋でも。負けたままで諦めれば負け。休憩を入れても勝つまで挑み続けることが大切なんだろうな。

元気をいただきました。ありがとうございます。
<< 【エキストラ参加情報】東京大空襲 熱く生きる事 >>