チップ

図書館業界でチップといえば、ICチップのことをさすのが一般的だが、こんな記事を読む図書館サービスにチップを渡す...なんてことはないのかなぁ...と、思ってしまった。

 ・米地裁、スタバに「106億円」支払い命令 チップ分配で CNN Japan

チップは、あくまでもサービスを提供してくれた個人に対しての心づくしだ。日本の図書館法で、入館料や資料提供の対価をとることは禁じられているが、チップをもらうことは、どうなんだろう。

あ、公務員はチップを受け取れないんだっけ。指定管理者の職員なら、どうなのかなぁ。拒む理由があるとすれば、なんだろう?

ならば、せめて募金箱でも置いておく...とか。

あ、これも効果薄なんだっけ。
 ・斐川町立図書館:財政難、募金1円も集まらず 図書購入費「みんなで育てて」 毎日.jp
 でも、なんで募金が集まらないんだろう?
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-03-22 11:35 | これからの図書館 | Comments(0)
<< 郡内今昔写真帖(郷土出版社) 映画祭と図書館 >>