日下部金兵衛

明治時代カラー写真の巨人 日下部金兵衛
中村 啓信 / / 国書刊行会
スコア選択: ★★★

飯沢さんのお宅の本棚には、実に興味深い本がありました。
中でも目についたのは、この名前。
日下部...という姓からもしかしたら....と思い検索したところ、案の定山梨出身の方でした。

【日下部金兵衛(くさかべきんべえ)】
以下抜粋
天保(てんぽう)12年10月15日生まれ。横浜でベアトにまなび,明治14年ごろ同地に金幣写真館をひらく。横浜写真とよばれる外国人観光客用の写真のなかで,とくに人気があった。国内外の博覧会に出品。43年横浜写真業組合副理事長。昭和9年4月19日死去。94歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。【「日本人名大辞典」より】

日下部金兵衛(1841-1932)は甲府の出身で、イギリス人カメラマン、F・ベアトの助手として修業し、明治14年(1881)頃独立しました。【横浜開港資料館 館報「開港のひろば」より】

ときのそのとき - 日下部金兵衛 MEIJI TAISHO 1868-1926

日下部金兵衛 幕末・明治期 日本古写真メタデータ・データベース 長崎大学附属図書館

神戸名所写真帳 文化遺産オンライン


ちなみに...「山梨百科事典」(山梨日日新聞社)には、日下部金兵衛の名はみつかりませんでした。オシイ!!
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-03-25 10:55 | DigitalArchives | Comments(2)
Commented by lanova at 2008-03-25 11:18
いい時間を持たれたようですね。これからの仕事にうんと広がりが出そうですね。頑張ってください。
Commented by maruyama_takahiro at 2008-03-25 11:45
いつもありがとうございます。

lanovaさんの励ましが、なによりの元気の源となります。
<< 点景フィギア それはまるで記憶の*** >>