絵で残す建物

東京下町 たゝずみの家々―より道みち草まわり道
杉山 八郎 / / 街と暮らし社
スコア選択: ★★★★
デジタルでなくてもペンとインクでひとつひとつ残していく活動もなかなか良いですね。

それにしても、僕たちはどうして“残し伝えたい”と思うのだろう。
体の中から湧き出る想いはあるのだけれど、理由を深く考えたことは無いなぁ....。
たぶんそれは、アーカイブ哲学に通じるものだと思うのですが。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-04-23 18:49 | 地域コンテンツ | Comments(0)
<< もはや電子メールは破綻している NPOでコミュニティビジネス >>