SuperOPAC2008

ふっと思いついて...SuperOPAC2008を作り始めてしまいました。
いわゆるサーキュレーション用というよりも、純粋に資料の検索用として作成してます。

図書も雑誌も視聴覚資料も、新聞のクリッピングも雑誌記事のクリッピングも、一切合切をひとつのデータベースシステムとして取り扱えるOPACです。

当面は、スタッフのスキルアップをねらいとして、山中湖情報創造館内にいったいどんな資料があるのかを、全体的に把握できる...そんなOPACなのです。

※基幹の図書館情報システムのデータベースと、ODBCでやり取りできれば...かなり楽になるんだけどなぁ....※

※それと、県内の図書館情報ネットで、検索キーワードをURLに埋め込めるようになれば...館内で見つからない資料を、ワンクリックで山梨県内の図書館資料を対象とした検索画面に切り替えられるのですが...※
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-04-23 23:28 | SuperOPAC開発日記 | Comments(0)
<< 映画「大決戦!超ウルトラ8兄弟」 もはや電子メールは破綻している >>