図書館の出番です...か?

ちょいとばかり気になるニュース

 ・鳥インフルエンザ 関連ニュース Googleニュース

鳥インフルエンザがニュースになるのは、鳥から人へウィルスが進化(?)する可能性があるからです。鳥から人...そして人から人へと感染し始めたら...そう簡単に止めることはできません。ワクチンをつくるにも、ウィルスの型がきまらないことには作り用はありません。
ウィルスに対するワクチンづくりはお医者さんの業界にまかせることとしても、図書館は

“知ること”という予防注射』

ができるんじゃないでしょうか。

パンデミック・フルー 新型インフルエンザ Xデー ハンドブック
岡田 晴恵 / / 講談社
スコア選択: ★★

H5N1型ウイルス襲来―新型インフルエンザから家族を守れ! (角川SSC新書 12)
岡田 晴恵 / / 角川・エス・エス・コミュニケーションズ
スコア選択: ★★


【参考】
健康:結核・感染症に関する情報 厚生労働省
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-04-29 22:31 | これからの図書館 | Comments(1)
Commented by TsunaguNPO at 2008-04-30 13:32
そう思いますね。本屋に行く人もいるけど、図書館に行く人もいるでしょう。もっとうれしいのは、図書館が、その本の内容をわかりやすくミニガイドブックにしてプレゼントしてくれることでしょう。笑
でもこれをやるとなると、いろいろ問題があるのでしょうね。
<< 「連想する場」としての公共図書館 勘違いがあるんじゃないかな >>