仮想ライバル...いや、そんな失礼な〜

競争心の薄い私でございますが、それでも「○○には負けたくない」と思う相手がいると、ミョーな力がでたりします。

思い起こせば、小学6年生のころ叔父さんからいただいたガットギターを、独学に行き詰まって使わずにいたところ、いつの間にか弟が使い始めた...これはいかん!弟に負けてなるものか...ということで、一気に「禁じられた遊び」を引けるようになるまで練習したりしました。その後、中学生になった僕はフォークソングに夢中になったりします。

さて、そんな私でございますが、図書館界にちょっとばかり気になる方がいらっしゃいます。生粋の図書館人...というわけではなく、異色(?)な図書館の人ですね、たぶん。

ぜひ、ご挨拶もうしあげたいと、計画中です。
あと10日以内に。

※ひょっとしたら、その場もいろいろな方にお会いできるかも※
※M師匠がデザインしたレストランにも行きたいしなぁ※
※ちょっと早めの時間に、現地入りしようか※
※今から、とっても楽しみです※
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-05-01 23:05 | ひとりごと... | Comments(0)
<< ソフトウェアの持続性 この歳になって...この歳にな... >>