「知ること」という名の抗体

「知識」という名のワクチン
「知ること/考えること」という名の抗体

課題解決ということだけではなく、もっと予防的な図書館の活用方法があるように思う。
例えば病気に対する抗生物質やワクチンのように、「知識」を接種することで、「知ること」という抗体ができる...と、考えてみたらどうだろうか。

悲しいかな人間の持つ想像力には、ポジティブな面とネガティブな面の両方がある。不安とか恐怖とかは、この[ネガティブな想像力]によって引き起こされる。もし、それに対して「知ること」が、ほんの少しでも効力があり[ネガティブな想像力]を和らげてくれるなら...そして、よりよい(more betterな)判断と行動がとれるようになるなら、それは図書館としての役割として、大きな期待値になるんじゃないかな。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-05-09 02:11 | ひとりごと... | Comments(0)
<< そういう力って...あると思う 地域資料フィジカル化/アナログ... >>