かなりひどい一日

今日はお休みだというのに、かなりひどい一日でした。

今日の休みにあわせて入れていた打ち合わせには、よんどころない事情で遅れてしまうし、ミーティングは順調にいったのですが、返り途中ではホームセンターのトイレにお財布を忘れてしまうし(親切な方が届けていただいたそうで、みつかりました)...。

おもっていたようには、仕事は進まないし...
いつのまにか、5月も半ばになろうとしているし....

ちゃくちゃくのペースと、カレンダーのペースは、どうもずれてきたようです。

今宵は、「おせん」さんでも見て、寝ましょうか。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-05-13 22:40 | ひとりごと... | Comments(3)
Commented at 2008-05-14 11:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by maruyama_takahiro at 2008-05-14 20:58
>鍵さん
そんな一日の中でも、オアシスのような時間がありましたね。
夢を語り合えるといいましょうか、企画を練る時間といいましょうか。個人や団体が成長するためには、そんな時間を十分にとることも必要なんですよね。

そうそう、ひどい一日と言っておきながら、忘れたお財布を届けてくれた人が居る。それもとっても幸運なことだと思うのです。

日々是感謝。
Commented by lanova at 2008-05-14 21:22
踏んだり蹴ったり、泣きっ面に蜂、というような一日だったんですね。そういうのってよ~くありますね。まさに「最悪の日」ってのは次々にそういうことが起こって…しばしば体験しております!
<< なんとか... 「放課後」という言葉 >>