紙芝居という名の文化

たぶん、波木井先生にかぎらず「(絵本の)読みきかせ」と「紙芝居実演」は、全く別ものであるという意見が多数のようだ。お互いに否定するものではないと思うが、「絵本」に関する研究に比べて、「紙芝居」に対する研究はずいぶんと遅れているように思う。
ただ「紙芝居」の持つ可能性の大きさは、絵本とはまた違った広がりを持っていることは、かなり強く実感している。

紙芝居―街角のメディア (歴史文化ライブラリー)
山本 武利 / / 吉川弘文館
スコア選択: ★★★

紙芝居昭和史 (岩波現代文庫)
加太 こうじ / / 岩波書店
スコア選択: ★★★

紙芝居と〈不気味なもの〉たちの近代 (越境する近代 (4))
姜 竣 / / 青弓社
スコア選択: ★★★

紙芝居文化史―資料で読み解く紙芝居の歴史
石山 幸弘 / / 萌文書林
スコア選択: ★★★

そう遠くない将来、黒塗りの自転車に、有機ELか電子ペーパーと5.1chサラウンドのついた街頭紙芝居のおっちゃんが...登場したら...いいなぁ〜。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-05-17 13:45 | 図書館ゲーム/プログラム | Comments(0)
<< いよいよ、立川 Microsoftが...ちょ... >>