おススメ「いのちの樹の下で」

本の返却作業をしていたら(山中湖情報創造館では館長も返却作業をする)、気になる本がありました。この二人の組み合わせは、素敵な本に違いない...と。

いのちの樹の下で―エンデとカーソンの道を継ぐ
子安美知子 上遠恵子/ / 海拓舎
スコア選択: ★★★

思った通りの本です。ご一読をお勧めします。

この本を読んでからでもよいので、こちらも合わせて読んでみてはいかがでしょうか。

センス・オブ・ワンダー
レイチェル・L. カーソン / / 新潮社
スコア選択: ★★★

清里が登場するのはわかるのですが、黒姫が登場するのはなんだろう。

というのも、僕のペンションアルバイト時代は、黒姫高原と清里高原、そして西伊豆(戸田)のペンション(潮風の下で...って感じ)でしたので....。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-05-18 23:14 | おススメ | Comments(2)
Commented by lanova at 2008-05-20 05:26
いい本のご紹介ですね。どちらも未読です。ぜひ読んでみたいと思います。ありがとうございました。下のはオリジナルの方が入手しやすそうですね。
Commented by maruyama_takahiro at 2008-05-20 15:13
ルドルフ・シュタイナー、ミヒャエル・エンデ、そしてレイチェル・カーソンをつなぐ日本人。
けっして、スピリチュアルには陥らずに、それでいて 何か大きな存在 を意識することができる感じがします。

<< 論点がずれている 電子出版の行く末 >>