私立公共図書館

義務教育(小学校、中学校)においても、私立小学校や私立中学校は成立している。
幼稚園や保育園にもあるし、高校や大学にも私立はある。

博物館や美術館にも、私立はちゃ〜んと存在している。

もちろん、私立図書館もある。あるにはあるのだが私立の公共図書館というものは、見えて来ない。このブログでも何度もとりあげているニューヨーク公共図書館は、公立図書館ではなく、私立公共図書館なのである。

日本の公立図書館は、経費削減やアウトソーシングが進む中でさらに数を増やそうとか、設置されていない町村に充実させようとするのには、かなり無理があるように思う。だからこそ、民間の企業やNPOに、公共図書館設立運営への道を開いていきたい。
もはや行政におねだりすることはできない時代なのだから。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-05-24 17:27 | これからの図書館 | Comments(0)
<< こんなお歴々が... 衆議院TV >>