指定管理者制度の使い方

5月30日は、山梨県公共図書館協会の総会とその後の研修会があった。
今回の研修会は、とてもよかったと思いました。

----
「図書館利用者から一歩踏み込んで」 近江哲史(おうみ・さとし)

 図書館に対して、利用者の立場で見て考える視点を大切にしている方です。昭和8年生まれの近江さんご自身は、定年退職後

 1.ヘビーユーザー
 2.図書館ボランティア
 3.図書館協議会
 4.「本を読もう、流山」読書会
 5.NPO法人 ながれやま栞(理事)

 と、図書館の外側から、図書館を支援してこられた方で、わかりにくい図書館の世界に、「声ある利用者」として関わって来られた方です。
 そして最近では、「声ある利用者」の団体としてNPO法人を立ち上げられ、ついには、流山市立図書館の1館の指定管理者にまでなりました。

 6.図書館の指定管理者
   プロとしての図書館長や職員を採用する

 声ある利用者団体が指定管理者となることで、その目にかなったプロを採用して、現場の図書館に置くことができます。これは指定管理者制度を上手に使うことで、市民のための場所づくりを目指した、モデルケースだと思います。

 ある日突然市民の知らないところで指定管理者制度が導入され、市民の知らないところで公募があり、市民の知らないところで業者さんが指定管理者になってしまう...そんなことが少なくない制度の運用があるなかで、流山市における指定管理者制度の導入/運用は、「公の施設」を「市民の場所」にするためのとてもよい参考となると思います。
 このモデルが広がることを、期待しています。
 (それには、市民力が必要となることは言うまでもないことですが...)
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-05-31 18:36 | これからの図書館 | Comments(0)
<< 最近のアニメ事情... パケットに課金するなんざぁ〜 >>