"If information is the currency of democracy, then libraries are the banks."

5月23日の衆議院 社会教育法等改正法案にて糸賀雅児(慶応義塾大学)先生が、その発言の最後に引用されたアメリカ条議院議員ウェンデル・フォード氏の言葉

 "If information is the currency of democracy, then libraries are the banks."
 もし、情報が民主主義の通貨ならば、図書館は銀行である。

しかも、糸賀先生は、「図書館と銀行に違うところは、図書館は貸し渋りはしません」というジョークまで着けたところは、もう感動もの。

ただ、この言葉にはベースがあるのです。それは米国第2代副大統領第3代大統領であったトーマス・ジェファーソンの言葉

 "Information is the currency of democracy."
 情報は民主主義の通貨である。

がありました(およそ200年前の言葉です)。
フォード議員は1998年に、この言葉に加え、図書館の社会的な役割や位置づけを銀行と例えたところが新しいです。

ちなみに、このような図書館に関する格言は、IFLAのページにまとめられてます。

 ・QUOTES ON INTELLECTUAL FREEDOM AND CENSORSHIP IFLA/FAIFE
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-06-02 23:33 | これからの図書館 | Comments(0)
<< 紙芝居業者免許 すずらん >>