ウルトラチャンネル on YouTube

どうやら、動画共有サイト YouTube は、日本のメディア界にも定着しはじめているようです。先日のNHKに続いて、ここもオープンしました。

 ・ウルトラチャンネル YouTube

ウルトラQ、ウルトラマン、ウルトラセブン、ミラーマン、ウルトラファイト...などなど、なんと無料で視聴できるのです。


ウルトラファイト番外地 (単行本コミックス―KADOKAWA COMICS特撮A)
円谷プロダクション / / 角川書店
スコア選択: ★★★
このタルさが...たまりません。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-06-05 00:07 | まるちゃんの趣味 | Comments(4)
Commented by After内藤 at 2008-06-05 03:49 x
 見逃した作品や観られなかった作品が観られました。ありがとうございました。
Commented by TsunaguNPO at 2008-06-05 09:08
あの、初歩的な質問ですけど、著作権などはどう処理しているのでしょうね?ユーチューブ。
Commented by lanova at 2008-06-05 13:30
こちらはまだまだBBが進展していないので、You Tubeを見るのも結構大変です。ダウンロードに時間かかるし…高速のネット接続をすればいいのでしょうが、そうすると料金がねえ…
Commented by maruyama_takahiro at 2008-06-05 19:04
>After内藤さん
 迷作のほまれたかい「ウルトラファイト」です。あのたるたるさ加減は、当時の円谷プロならでは(?)のものかもしれません。ちなみに紹介した本も、テイストを失わずにマンガで表現されてます。おすすめ!

>TsunaguNPOさん
 円谷プロがTYOに買収された時点で、TYOの戦略の中に円谷プロのこれまでの財産の有効活用はあったと思います。ここに来て過去の作品をこうも太っ腹で出すことによって、その次のウルトラマンへの展開を期待してもよさそうですね。
 著作権についてですが、著作権処理とは言ってしまえば金銭処理です。僕が思うに「無料で公開」することで権利処理を回避したのではないか...と、想像します。

>lanovaさん
 そうなんですよね。もはやブロードバンド環境は米国よりも韓国や日本の方が進んでいたりします。でも、こうしたウェブによるサービスは米国が強い。でさらにその上のコンテンツは日本ものが強い...
<< 指定管理者制度の使い方2 iPhone by 〓Soft... >>