我が家のサーバ

もうそろそろ、我が家のサーバくんも耐用年数が来ているように...思う。
今年あたりは、そろそろ買い替え時になるかもしれない。

今年は、いろいろな物事を次のステージに移行させてみようかな...なんて、思っていたりする。固定電話、ケータイ電話、インターネットプロバイダなどなど...無駄な投資をしているような気もするし、何よりも維持費の工面にシンドさを感じているのも否定できない。

インターネットビジネスを副業として再開することも検討しているのだけれど、こればっかりは、長期的に“ここにいる”ことが前提となる。信用と実績...なんてよく言われますが、地域のクライアントさんとの信頼関係を作ることがとても大切で、2,3年でどこに行くかわからない人間には、なかなか営業で仕事をとることは難しいのです。正直なところ、八ヶ岳から山中湖に来る際に、どれだけかの地でのクライアントさんにご迷惑をかけたことか...。

だからこそ、NPOで飯が食えるようなビジネスモデルづくりが求められる。自分自身も含めて、社会貢献で生計を立てられる人材育成が必要なのだと、もう年々もNPOに関わっていてつくづく思う。いろいろな形やスタイルで参加できるのがNPOの強みでもあるが、少なくともNPOを本気で動かす人には「本業がNPOであれ」と思っている。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-06-11 00:42 | 日々是電網 | Comments(0)
<< サイボーグ009 完結編 〈1〉 一升庵のおむすび >>