地域コンテンツとiPhone(アイフォーン)

iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり
林 信行 / / 日経BP社
スコア選択: ★★★

来月11日に発売が予定されている アップルのiPhone(アイフォーン)
買ってしまおうかどうしようか、結構迷っている。

購入するとしたら、僕自身の情報通信環境を再構築するくらいでないと...な、なんて。

iPhoneについては、1)結構重たい、2)お財布ケータイ機能はない、3)ワンセグを見れない...等々、多機能化した日本のケータイ市場には受け入れられないんじゃないか...という意見もある。
しかしながら、地域コンテンツ流通を考えると、むしろiPhoneの方がアドバンテージは高い。マスメディアではない地域メディアやコミュニティメディアは、莫大な設備投資の必要はない。インターネットの底力をもって、市民自らがメディアを立ち上げることができる。コミュニティメディアはワンセグ放送はできなくても、YouTubeでなら配信できる。WebページもFlickr(写真共有サイト)も、iPhoneの方が利点は大きいように思う。

たぶん業界的にはタブーなのだろうが、数年先には iPhone に Skype が対応する...かもしれない(対応したらいいなぁ)。

地域コンテンツのためには、従来のケータイ電話よりもiPhoneの方がフィットするように思っている。それだけに、自分自身で確かめてみたい...などと購入するための良い訳を作っていたりする..のです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-06-13 22:22 | 日々是電網 | Comments(2)
Commented by After内藤 at 2008-06-13 23:47 x
 お住まいの地域での電波状況も重要ですよ。
Commented by maruyama_takahiro at 2008-06-13 23:56
自宅ならびに図書館は、WiFi環境がありますので。
<< 図書館法改正(ウェブもプリント... 地域コンテンツ ワークショップ >>