レスキューロボット

ミャンマーのハリケーン、四川省の地震、さらには岩手・宮城内陸地震。人海戦術は基本であるものの、やはりそれなりの装備の導入により、一刻も早い要救助者の救助に役立てて欲しい。

 ・レスキューロボット Wikipedia

という研究は進んでいるものの、これまで実際の災害現場で使われている状況を知らない(知らないだけかもしれない)。せめて試験運用でもいいから実際の災害の現場で[経験を積む]ことが必要だと思っている。
 バビロンプロジェクトではなく、こうした災害復旧のために、この国には「レイバー」が必要だと...かなり本気(?)で思っている...のだが、肝心の企業は...どうなんだろう。

【参考】
 ・NPO法人 国際レスキューシステム研究機構

※災害は、作る側が想定しているような“理想的な”状況で起こるものではない。だからこそ、実際の災害時に運用することによるフィードバックで、より“使える”装備にしていって欲しいと切に願うのです※
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-06-15 11:48 | ロボット | Comments(1)
Commented by maruyama_takahiro at 2008-06-16 13:30
【岩手・宮城内陸地震】捜索現場で無人重機が登場 新潟県中越地震で実績
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/153497

こういう出場を待っていたのだよ。
<< 地震列島で山間部に居住するということ 地震予知〜災害防衛 >>