清里は再生できるのか?

萌木の村の船木社長さん(というよりも、上次さん)のインタビュー記事です。

「比較されない地域づくり」萌木の村株式会社 社長 舩木 上次さん 八ヶ岳ジャーナル

ちょっと人が丸くなった感じもします。もちょっと本音で言ってよ〜...って感じです(テキストにしたときに表現がやわらかくなってる?)。

いま、観光や地域再生に必要なのは、「住んでいる人が、『世界で一番美しい自然景観を持ったところだ』と思っている土地に出かけたい。僕がはじめて清里で暮らした時、その後家族で住んでいた時は、『そこに住んでいる人たちが魅力的だった』ように思います。

 清里に暮らしている人って素敵だなぁ...

そんな、とってもシンプルなことが、その土地の魅力であり、わざわざ出掛ける理由になるんじゃないかな...って、とても強く感じています。

文字にはなっていませんが、船木社長ご自身が、「観光を良くも悪くもするのは“人”である」ということを、一番よくご存知だと思いますし、そういう人づくりの活動を、ず〜っと行ってきた方ですから。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-07-04 10:02 | 地域コンテンツ | Comments(2)
Commented by lanova at 2008-07-05 07:41
同感です!モノや場所ではなく、人が地域を魅力的にするんだと思います。でなけりゃ、こんなに人は分散して住まないですもの。
Commented at 2008-07-05 13:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 結局はスポーツは政治とビジネス... 図書館にいます >>