地域コンテンツ ワークショプ

昨晩は、「地域コンテンツワークショップ」に参加してきました。

県内各地にある地域コンテンツ(地域の話題のネタ)を、どう掘り起こし、コンテンツ化し、共有して、再び地域での認識を新たにする...そんな、仕組みづくりをどうしたらよいか、そんなことに知恵や経験を出し合う場です。

昨夜はいよいよ、本格的なワークショップ
テーマは
1.Vision(ビジョン)
  例えば5年後の地域コンテンツ像をイメージしてみる
2.Mission(ミッション)
  Visionを実現するためには、何に取り組んだら良いかを書き出してみる
3.Organization(オーガニゼーション)
  Missionを遂行するための組織・団体のデザイン

正直なところ、付箋紙を用意して、各自にアイデアを書き出してもらおうとおもっていたのですが、どうしても発言系のディスカッションになってしまって....こうなると、声の大きい人(?)や発言する人が決まってしまうので、せっかく参加した人の中には、結局発言も無しで終了になる人も出てきてしまう...それは避けたかったのですけどね(ファシリテータ役は僕ではないので...)。

ただ、ワークショップの中で気になったのは、私たちが捉えている「地域コンテンツとは何か?」についての定義が共有の認識になっていないかな...ということ。

言葉の定義に縛られるわけではないのですが、まずは「地域コンテンツ」という言葉に対する共通認識が必要かな...などと思いました。

それにしても、いきなりイベント...ですか!!
(詳細は次回のワークショップへ)
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-07-17 08:30 | 地域コンテンツ | Comments(0)
<< 学天測...復活!! 持続的成長モデル >>