1000年デジタルアーカイブ

100年後、1000年後までも伝え残すデジタルアーカイブの仕組みづくりを考えたいと思うのですが、たぶんそれは、保険的な要素を持っているように思います。

デジタルアーカイブ保険機構

どこかに一つの大きなデジタルアーカイブ団体を作って満足するのではなく、小さくて、それぞれ寿命を持っている団体がたくさんあつまって、それでいながら、新しく生まれたり、寿命を終えたりしながら、デジタルアーカイブを未来に繋げていくような仕組みづくり。寿命を終えたチームが作ったデジタルアーカイブであっても、この『DA保険機構』が、次の受け入れ先が決まるまでは、預かっていられる。

そんな
 ・バックアップ
 ・ミラーリング
 ・一日毎のスナップショット
 ・Time Machine(MacOS X Leopardの機能)
みたいなものを持っている。
保険金は掛けるけど、デジタルアーカイブを残すための万全の体制を持っている。

そういうイメージかな。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-07-27 13:12 | DigitalArchives | Comments(0)
<< Whole YAMANASHI... ただいまメンテナンス中 >>