映画三昧

a0001068_11392068.jpg

朝から、富士山の麓にある[山梨県環境科学研究所]で開催された

 『やまなし地球環境映画会』

にて、朝から夕方まで、ず〜っと映画を見ておりました。

【上映作品】
「タツノオトシゴ」
 (ドイツ/監督:ティム・レルデラー/2003年/5分)
「海のゆりかごでーハチの干潟を守りたい」
 (日本/監督:森田和稔・岩崎博史/2006年/54分)
「赤貧洗うがごときー田中正造と野に叫ぶ人々」
 (日本/監督:池田博穂/2006年/98分)
「生ゴミ堆肥が地球を救う!? 母娘のダンボールコンポスト循環生活」
 (日本/監督:宮川直子/2007年/24分)
「みんなの自然?」
 (アメリカ/監督:コリー・フランシス/2007年/5分)
「ブダペスト・ワイルドー街の生きものたち」
 (ハンガリー/監督:ジュルツ マルツェル トートゥ/2006年/34分)
「校長先生とクジラ」
 (日本/監督:山村浩二/2007年/2分)
「ミートリックス」
 (アメリカ/監督:ルイス・フォックス/2006年/11分)
「動物工場/アニマル・ファクトリー」
 (韓国/監督:Koo Jung-Hoi/2007年/61分)
「パフィン・アウェイー地球に吐き出されたもの」
 (カナダ/監督:アイザック・キング/2006年/3分)
「クルード ーむき出しの欲望の果て」
 (オーストラリア/監督:リチャード・スミス/2007年/90分)

なんだか、久しぶりにたっぷり映像に浸りました。

【参照】
 ・アースビジョン 地球環境映像祭
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-08-02 22:00 | まるちゃんの趣味 | Comments(0)
<< 地域コンテンツが豊かである..... 地域コンテンツ市場/地域コンテ... >>