地域コンテンツ祭り

地域コンテンツ祭り
Community Contents Festival


などというものをイメージしています。「地域コンテンツ市場」と「地域コンテンツ」に関する講演会やイベントを同時に開催するというもの。

これは僕の持論(極論)でもありますが、自然環境は大きなダメージを受けても、時間をかければ再生します。しかし失われた記憶は、どうがんばっても取り戻すことができないのです。だからせめて、写真や映像、音声、印刷物など可能な限り、記録し、共有可能なものは共有の財産とし、現在を生きる人たちや後世に伝え残していかなければならない。僕たちはたぶん、その記憶のリレー走者の一人なのだと。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-08-08 12:42 | 地域コンテンツ | Comments(0)
<< 文部科学省 on YouTube 成功のポイントは「先行投資」に... >>