財政難の公共図書館であっても...

国立国会図書館のカレントアウェアネスの記事から

 ・オレゴン州森林地帯の公共図書館、深刻な財政難の中で運営する方法を模索

米国の公共図書館の話ではございますが、夕張市や大阪府の例をみるまでもなく、全国の公共図書館は、いつ同様の状況になっても...おかしくはありません。

来るべき日のために、公共図書館を持続可能性を高めるためにできることは何か...。

【参考】
 ・Jackson County Library Foundation Home Page
  市民による図書館ファンドに取り組んでいるようです。これはたぶん、市民活動でありNPO活動なのだと思います。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-08-16 16:02 | これからの図書館 | Comments(1)
Commented by らんた at 2008-08-16 19:27 x
徹底的に広告を掲載してしのぐという方法もあります。貸出票・予約票・としょかんだより、全部。
<< digital native ... 山中湖モノガタリ >>