RBiP, RTiP

Reference Books in a Pocket
Reference Tools in a Pocket


そんな感じのものを...作れるんじゃないかなぁ...すでに。

これからを生きる子どもたちの時代には、無料のものも有料のものもあるだろうけれど
・ほぼすべての辞書/百科事典/各種図鑑類をポケットに入れ
・主要な新聞はそれぞれ50年分以上をポケットに入れ
・詳細な日本や諸外国の歴史年表をポケットに入れ
・日本はおろか、地球上や月面や火星の地図までポケットに入れ
・自分が生まれた時からの写真やビデオをポケットに入れ
・さらに両親が子どもの頃や、祖父母の代までの写真をポケットに入れ
・学校行事の記録や図画工作の作品や調べ物の模造紙(パネル)をポケットに入れ
・無制限のジュークボックスをポケットに入れ
・ハリウッド映画から単館映画館でも上映していないようなマイナーな映画をいつでも見れる映画倉庫をポケットに入れ

それで、少しでも賢くなり、持続可能な社会が生まれるのなら、テクノロジーの進化も悪い物ではない。しかも、これらはもうすでに始まっていることばかりなのだ。

※いやぁ...もっと大胆でもいいような。
 Library in a Pocket、Museum in a Pocket...とか。
 The World in a Pocket、The Universe in a Pocket...かぁ?
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-09-03 17:12 | 日々是電網 | Comments(0)
<< ひとだんらく ブックトーク「南総里見八犬伝」 >>