Google News Archive Search

さすがはトップランナーだけのことはあります。
オーディエンスが欲しいものを、よく知っている。

 ・Googleと新聞各社提携による新聞過去記事検索(News Archive Search) TechCrunch Japanese

米国の「知」に対する基本的な考え方が、垣間見えるようにおもう。
[一部の権利者の利益]よりも[みんなが賢くなる]ことを選ぶお国柄だ。しかもビジネスとしても成立している。過去記事の検索結果で表示される広告の収益を、Googleと新聞社で分かち合うそうだ。月極とか1件あたり...なんて料金設定で使われずじまい...のサービスよりも、はるかに効果的だと思う(無料だから使ってみようかな...と思うし、使う人が増えることで広告としての価値もあがる)。

振り返ってこちらの国では、あいかわらずのフィジカル時代(アナログ時代)の著作権が、デジタル/ネット上でも、まかり通っている。著作権法の改正にむけた議論はされているようだが、残念ながらこの国からはベンチャー企業による[国産の検索エンジン]すら生まれないように思う。

【本家】

 ・Google News Archive Search

※今、実際に使ってみてちょっとおどろきました。"yamanakako"で検索したら、一番古い記事は、 800AD(紀元前800年)の記事(?)。これは新聞記事が掲載された日付よりも、記事そのものが意味している時間を基本としているようです。ほほぅ、そうきたか※
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-09-09 09:26 | 日々是電網 | Comments(1)
Commented by lanova at 2008-09-09 12:51
matsueで検索したら、New York Timesのこんな記事が見つかりました。何だか嬉しくなってしまいました。http://www.nytimes.com/2007/02/20/world/asia/20matsue.html?ref=world
<< 石割神社 そろそろ...次の事 >>