「災害アーカイブス展 避難所の記録と記憶」

新潟県 長岡市立中央図書館にて開催されます。

 ・「災害アーカイブス展 避難所の記録と記憶」

 日時:10月19日(日)~11月9日(日)午前10時~午後6時
    10月31日(金)は午後5時まで。
    休館日は10月20日(月)・27日(月)・11月4日(日)
 会場:長岡市立中央図書館2階ホール
 展示解説:10月19日(日)午前10時から、11月2日(日)午前10時から
      各30分程度。文書資料室職員が解説します。ご期待ください。

チラシ(PDF)

こういう記録を、組織だって収集保存していくことが必要だと考えています。天災は忘れた頃にやってくるのであれば、忘れず記憶し続けていれば天災は来ない(?)かもしれません。被災者のプライバシーの問題や風評被害が続いてしまうことへの不安など、解決しなければならない課題もありますが、災害の体験の積み重ねが災害に立ち向かう強さになるのであれば、何かできることがあるように思います。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-10-14 11:37 | DigitalArchives | Comments(0)
<< これでいいんだと思う 吉田の龍勢 >>