ファミリー・アーカイブス

a0001068_233022.jpg

デジタル・アーカイブといえば、いきおい「学術・文化」的な対象をイメージしてしまいがちなのだが、もっと身近なところにデジタル・アーカイブスの対象は存在している...というのが、僕の考えだ。

 ・パーソナル・アーカイブ(個人の)
 ・ファミリー・アーカイブ(家族、一族、○○家の)
 ・カンパニー・アーカイブ(会社、所属団体の)
 ・コミュニティ・アーカイブ(地域社会、公民館や自治会の)
 ・都道府県市町村アーカイブ

などなど。
例えばこの画像は、ボーンデジタル(最初っからデジタルで撮影されたデジタルデータ)な写真を対象としてみたものです。MacのiPhotoですべてを保管し、Appleのクラウドコンピューティングサービスである「MobileMe」上と、iPhone 3G上に保存している。iPhoneで3,000枚にのぼる写真を持ちあることができるといのは、ちょっとした新しい視点だと思う。
今回は、ボーンデジタルであるが、フィルムや紙焼きの写真を対象とすることだってできる。

こうした多種多様なデジタルアーカイブづくりを、なんとか事業化できないものだろうか...などと考えていたりする。

a0001068_23164338.jpg

[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-10-31 23:15 | DigitalArchives | Comments(2)
Commented by power_of_math at 2008-11-01 20:20 x
こういう写真については、5W1Hがわからないと、宝の持ち腐れになるわけですが、最近のデジカメであれば、結構情報として埋め込まれているという意味では、今までのアーカイブより良いスタートが切れるかもしれませんね。
Commented by maruyama_takahiro at 2008-11-01 23:17
Exifデータが活きてきますね。
デジカメでできていることが、ICレコーダではまだみたいで...電池を取り替えるたびに手動で日付合わせをしている始末...Panasonicになったら改善されるのだろうか。
<< 森の中でリスと出会いました 3年後に消費税引き上げ >>