地方を元気にする近道は、美術館の成功にかかっていました。

BRUTUS (ブルータス) 2008年 11/15号 [雑誌]
/ マガジンハウス
スコア選択: ★★★

雑誌「ブルータス」の最新号の記事

 地方を元気にする近道は、美術館の成功にかかっていました。

金沢21世紀美術館をはじめとした、地方都市の美術館が、地域を元気にしている事例が取り上げられています。

このブログの前の記事に、go男さんからいただいたコメントを考えていましたが、ミュージアム(博物館、美術館)が地域に与える活力は、やはり相当なものになりそうですね。

それに比べると、図書館は今ひとつ感があるように思います。これはたぶん「話題提供力」を見ると理解できるかもしれません。博物館、美術館は常設展だけでなく企画展等を開催することで「話題の発信地」になることができますが、図書館はいまのところ「話題の発信地」になる力を持ち合わせていません。
たぶん、このあたりに「これからの図書館」や「その次の図書館」に向けたツボがあるように思います。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-11-04 11:33 | 地域コンテンツ | Comments(0)
<< わが子を成長させる222冊の本 CatchUpできない日本の公... >>