比較しちゃってよいのかな?

こちら、ALA(米国図書館協会)サイトのトップページ
a0001068_2335501.jpg


こちら、JLA(日本図書館協会)サイトのトップページ
a0001068_23384417.jpg


a0001068_23445718.jpgデザインを云々するつもりは毛頭ありませんが、ウェブサイトの使い方(利用の仕方)は、歴然とした格差を感じます。
特にALAサイトのほぼ全ページにあるこの[+SHARE]のボタン。個人のブログなどに、どんどん紹介してもらおうという心意気を感じます。

それと、トップページではわかりませんが、ALAのサイトでは、写真共有サイトのFlickrや動画共有サイトのYouTubeを、あちらこちらで活用していること。すべての自社サイトで実現するのではなく、使える機能があれば、他のサイトもどんどん活用するという姿勢もすごいです。さらにALAのその姿勢が、全米の公共図書館にとってひとつのモデルケースでもあるということ。

日本の図書館も、まだまだガンバらねば...と、強く強く思うのです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-11-15 23:45 | これからの図書館 | Comments(0)
<< 新しい出会い 図書館でゲームをする日 (GA... >>