オバマ氏と図書館

国立国会図書館のカレントアウェアネスに取り上げられる記事は、いつもエキサイティングなものが多い。この記事は特にすごいな。

 ・オバマ次期大統領が語った図書館,ライブラリアンの役割(米国) カレントアウェアネス-E

 発言そのものは、2005年6月のもですが、いろいろと嫌な面もあるけど、アメリカという国のすごさを感じる演説だと思います。オバマ氏(のような方が...というのも失礼だろうが)が大統領に選出される国と相変わらず国のトップを世襲的な人が占めている国と。たぶん、卵が先か鶏が先かの議論になるのでしょうが、日本の公共図書館が米国並みの図書館になるには...まだまだ時間がかかりそうです。

おやすみなさいおつきさま (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
マーガレット・ワイズ・ブラウン / / 評論社
スコア選択: ★★★

ちなみに、本文でオバマ氏ご推薦の絵本は、山中湖情報創造館にもあります。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-11-19 19:12 | これからの図書館 | Comments(0)
<< カレントアウェアネスに山中湖情... しし座流星群(山中湖) >>