図書館でアニメづくり

そういうことなら、こっちでもやってますよ。

 ・米国Library of the Yearのララミー郡公共図書館で子ども向けストップモーション・アニメーションプログラムが人気 カレントアウェアネス

山中湖情報創造館では、地元の小学校4年生〜中学3年生の有志によるJr.Librarians (ジュニア・ライブラリアン) たちが、読書推進ポスターを作ったり、アニメーションを作ったりしていますよ−。


この作品は、平成19年度文部科学省による地域の図書館サービス充実支援事業のときのものです。今年度の作品はただいま製作中。

※うちの場合は、デジタルカメラで撮影した静止画を、QuickTime Pro でアニメーション(ムービー)にし、動画編集ソフトでタイトルや音楽を入れたりしています。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-12-10 01:36 | 図書館ゲーム/プログラム | Comments(4)
Commented by TsunaguNPO at 2008-12-10 12:35
すばらしい!!!
Commented by maruyama_takahiro at 2008-12-10 19:03
あ、ありがとうございます (^_^;

こういうプログラム/アクティビティでよければ、あれこれできますよ。
YouTubeの動画、Flickrの写真、Podcast(インターネットラジオ)の音声なんかでも、遊んじゃいます。

Commented by ひろ坊 at 2008-12-10 20:00 x
昨日、今日と見てしまった。素晴らしいの一言です。
本を読む人が、うんとうんと、増えるといいですね。文字中毒の人間としては、本を読まないなんて、もったないよ!といいたい。
それにしても素人でも簡単にムービーに出来るのかな?
Commented by maruyama_takahiro at 2008-12-10 23:12
>ひろ坊さま
コメントありがとうございます。

動画はSD(一般的なテレビ画面)ならば、640x480ピクセルの写真が撮れればよいので、最近の大容量メモリを使えば、信じられないほどの長編アニメを、小学生でも作れる時代なんです。
編集ソフトも、数千円(あるいはパソコンにおまけで付いています)程度で十分ですので、すでにパソコンがあるのであれば、安いデジカメで数千円の動画編集ソフトで、アニメーションをつくり、YouTubeで全世界の人に見てもらえる機会を得られる時代なんだ...ということを、あらためて感じてます。

テレビ局の業務用と称する機材が、なんであんなに高いのか...しかも放送できるエリアは限られている...ことを考えると、数万円のデジカメ、数千円のソフト、パソコンとインターネット(これは図書館で無料で使えたりする)さえあれば、いいんですよ。

<< 読み寝かせ 寝しな物語 >>