甲府駅北口

山梨日日新聞の記事

 ・IT企業誘致めど立たず 甲府駅北口再開発 景気後退が影

最悪の場合、県民のための図書館建設は...かなり厳しい状況になるかもしれません。
単独で、相応規模のハコモノをつくるだけの予算は、県でさえも捻出するのは難しいこと。宛にしていたIT企業も、この景気後退で...それどころではない。

今何を考え、何に優先度をつけ、何を行えばよいのか...




山梨日日新聞 2008年12月10日(水)

IT企業誘致めど立たず 
甲府駅北口再開発 景気後退が影

 山梨県がJR甲府駅北口県有地に建設を計画している高度情報化拠点をめぐり、核となる大手IT(情報技術)企業誘致に景気後退が影を落としている。県は来年中には入居企業を決めたい考えだが、入居の内諾が得られていない上、景気好転の見込みはなく先行きは不透明。北口県有地の利活用策は知事選の争点にもなっただけに「空き地のままになるのは避けたい」(県幹部)との声が強いが、与党県議からは計画の白紙撤回を求める声も上がり始めた。
 同拠点へのIT企業誘致に向け、県は4月、情報産業振興室を新設。職員が週1回上京し、都内のIT企業に働き掛けてきた。十数社を訪問、前向きとみられる企業には再三アプローチしているが、「反応は厳しい。今のところ入居の内諾を得た企業はない」(担当職員)のが実情だ。
 当初は大手IT企業のNECの入居が有力視されていたが、世界的な金融危機から景気が急速に悪化。同社をはじめ、大手は軒並み業績を下方修正している。県庁内は「来年中に景気が回復する保証はない。企業の設備投資意欲も冷え切っている」との見方が大勢だ。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-12-10 22:55 | これからの図書館 | Comments(2)
Commented by After内藤 at 2008-12-11 04:13 x
 やらせてくれれば、いいモノ作ったのにね…。
Commented by maruyama_takahiro at 2008-12-11 08:55
それにしても、土地とハコモノを用意できなければ難しいですね。

そこで、行政によらない「図書館(のようなもの)」づくりが必要な時代が来たように思います。
個人の蔵書から図書館が生まれたり、民間団体の活動に必要な資料を集めていったら図書館ができたり...などなど。
これからは、そういうところにも活躍の場が広がっていきそうですね。

...というわけで、僕はあそこに「図書館」が必要不可欠だろう...と、考えているのですが。突っついてみたいな。
<< 10.3MB 対 104KB ... ブログ検索 「図書館 指定管理者」 >>