見果てぬ夢は「国際公共図書館 (International Public Library)」

International Public Library 国際公共図書館

...などというものを作ってみたい。
これは行政によるものではなく、どこぞの財団法人立の公共図書館だ。

コンセプト
「持続可能な世界づくりのために貢献するライブラリ」

ビジョン
「人類が直面する課題を解決するための情報資源に誰でも無料でアクセスできる場」

ミッション
提供すべき情報資源
・グローバルで考えローカルで行動するための情報資源
・多文化共生を支えるための情報資源
・地球を自然環境、民族、歴史や宗教、政治や文化などを知ることができる情報資源
・持続可能な社会づくりのための情報資源
・環境教育、自然科学、技術工学のための情報資源
・生き字引、Living Libraryなどのネットワーク

情報およびメディアリテラシー向上プログラムの実施
・コミュニケーションツールとしてのデジタル機器の操作
・情報の収集・選別・整理・活用・保存のためのスキル
・情報およびコンテンツの創造活動の支援(サポート)

取り扱い情報資源を活用した学習プログラムの実施
・多文化多言語に関する学習プログラム
・環境教育、地球シミュレーション学習
・サイエンスコミュニケーション
・災害からの防災、減災に関する学習
・世界シミュレーションプログラム

こうやって書き出してみると
1.戦う図書館
2.未来を切り開く図書館
3.課題解決型&学べる図書館
4.情報発信型図書館(図書館が放送局であり出版社であり、通信社である)

など、たぶん行政による公立図書館では、まず不可能なことばかり。
でも、そんな司令本部や作戦本部のような図書館像を、僕は描いていますし、それをいつかどこかで、実現したいとも考えています。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-12-11 23:11 | まるちゃんの趣味 | Comments(0)
<< 湯たんぽ 財団法人による公共図書館 >>