危機的状況

甲府駅北口における開発案件は、かなり危機的な状況に陥ってしまったようです。

 ・県「高度情報化拠点」 コンサル会社が撤退 YOMIURI ONLINE

高度情報拠点の計画が止まれば、おのずと県民のための図書館計画も止まってしまいます(たぶん)。これはかなり危機的な状況です。しかも、一方で県職員さんの給与を削り、その一方でハコモノは建てる...というのは、納得できるのでしょうか。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-12-17 00:48 | これからの図書館 | Comments(0)
<< マルちゃんの「吉田のうどん」 図書館業界再編 >>