国際シンポジウム「自然公園としての富士山-2」

図書館でのインタプリテーションがどうのこうのと書きましたが、すでに考えこのようなシンポジウムが計画されていたのですね。あらためて、「自分が考えている事はすでに誰かが考えている」...を実感しました。

 おススメです。
 僕も2日間参加する予定です。

国際シンポジウム「自然公園としての富士山-2」
International Symposium : Mount Fuji as a nature park –2

目的:2008年1月に開催された第1回の国際シンポジウムに続いて、自然公園としての富士山を見直す機会として、米国型の国立公園の歴史や現状、とくに公園の維持管理の方法と自然インタープリターの養成・教育・実地・社会的地位などについて学ぶために、講師を招いて講演とワークショップを行う。

主催:山梨県環境科学研究所
場所:山梨県環境科学研究所(多目的ホール)

プログタム:
平成21年1月13日(火)時間:09:30〜16:00
室内における講演と討論(終日同時通訳があります)
・ 講演:「米国国立公園における自然インタープリテーション」(仮題)
 S.ヴォーン氏(米国国立公園局ハーパーズ・フェリー・センター 副管理監)
・ 講演:「イエローストーンと米国の国立公園」(仮題)
 D.M.シャルファン氏(米国国立公園局 訪問者体験部副部長)
・ 講演:「米国型国立公園と日本型国立公園」(仮題)
 高橋進氏(共栄大学 国際経営学部 教授)
・ 自由討論
・ コンビーナー
 新谷雅徳(環境インタープリテーション コンサルタント ECO-Logic代表)

1月14日(水)時間:09:30〜16:00 ワークショップ
 参加者を2つの組に分けて、午前と午後それぞれ交代に講師・コンビーナーの指導の下に、具体的な討論を行う。テーマは弾力性を持たせるが、富士山は自然公園としていかに保全・管理されるべきか、望ましい自然インタープリテーションのシステムはどのようなものか、それを構築し、運営してゆくために必要な作業は?・・・・など様々な議論が予想される。
(題目は一部変更される可能性があります)


お問い合わせ/お申し込み先
山梨県環境科学研究所 総務課 総務担当
〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田字剣丸尾5597-1
TEL 0555-72-6211 FAX 0555-72-6204 E-mail horiuchi-m@yies.pref.yamanashi.jp

シンポジウム当日は、昼食をお持ちいただいた場合、会議室等でおとりいただけます。


【参考】
a0001068_10364668.jpg ・第一回「自然公園としての富士山」報告書
  PDF 2.8MB

[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-12-17 09:53 | おススメ | Comments(0)
<< STOP! 新型インフルエンザ プレミアム商品券(雫石町) >>