金融危機時代のビジネス支援

本当に図書館のビジネス支援は、役に立てるのだろうか...
金融危機、経済災害時代に、図書館ができるビジネス支援を考えているのですが、実はつい先ほどまでは、

 ・解雇、失業、再就職を希望する人のための情報サービス

が主流ではないか...と、思っていたのですが、どうやら世の中そんなに甘くはないようです。再就職する企業すら、もう見えてきません。ハローワークなども危機的な状況かもしれません。
では、何が必要か...そう。それこそビジネス支援の基本ともいえる

 ・創業/起業支援のための情報サービス

なんじゃないかなぁ...と、思い始めているのです。
それもいきなり株式会社ではなく、まずは副業的/週末企業的にはじめて、個人事業、LLC、どうしても大きくしたい人には株式会社...等々。
ここはひとつ、地元の商工会と協力しながら、

 ・職を失った人でも/なら起業できる
 ・失業したから起業できる

そんなビジネス支援が必要なのではないだろうか...と、かなり本気で考えてます。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-12-18 23:08 | これからの図書館 | Comments(0)
<< IFLA 2008 Fun N... デジタルアーカイブに関わるということ >>