IFLA 2008 Fun Night, Librarians' Dance.

YouTubeで、IFLA(国際図書館連盟)の2008年度ケベック大会の様子が上がっていた。
日本図書館協会発行の「図書館雑誌」にも、日本から参加された方のレポートがあったが、この様子は...書いてなかったぞ ← ウソです。レポートにありました。

IFLA 2008 : Fun Night, Librarians' Dance. 1


IFLA 2008 : Fun Night, Librarians' Dance. 2


IFLA 2008 : Fun Night, Librarians' Dance. 3


IFLA 2008 : Fun Night, Librarians' Dance. 4


IFLA 2008 : Fun Night, Librarians' Dance. 5


IFLA 2008 : Fun Night, Librarians' Dance. 6


確かに...これだけみても、日本の図書館業界は...四半世紀以上遅れている...かも。

それにつけても、人だよ人...なによりも、図書館に関わる人の問題なのだ...と、かなり強く感じています。

※ぜひ日本から参加されたみなさん、参加してレポート書いておしまい...にしないで、日本でもこうした図書館大会になるよう、働きかけて欲しいものです。



たぶん、日本だったら、
「写っている人の《肖像権》が〜、会場でなっている音楽の《著作権》が〜」な〜んていう理由をつけて、非営利目的であっても公開しないんでしょうね。そこが四半世紀の差なのよ。それは制度じゃなく、人の意識の問題なんだ...って、この動画を見て強く感じました。
(ここで踊っている人も、動画を撮影している人(アップ主)も、みんな世界的な図書館の関係者なんですよ〜)
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-12-19 00:21 | これからの図書館 | Comments(0)
<< 《聞く》アーカイブ 金融危機時代のビジネス支援 >>