大蔵経寺山の山火事(延焼のまま年越し)

甲府市と笛吹市の境にある大蔵経寺山の山火事は、28日の発災から4日たっても消えそうにありません。消防や自衛隊の懸命な消火作業にもかかわらず、どうやら年を越しそうです。

 ・大蔵経寺山の山火事に関するニュース Googleニュース

ヘリコプターによる上空からの消火活動には、やはり限度があるので、いっそこういう飛行機での消火作業ができないものでしょうか。

消防飛行艇 CL-215


国産飛行艇US-2も、消防飛行艇として運用できるようなのですが...

 ・US-2 新明和工業


写真:新明和工業HPより(開発中のUS-1A)

※ちなみに、給水作業は『山中湖』でできます。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-12-31 20:18 | 自衛隊 | Comments(2)
Commented by After内藤 at 2009-01-01 02:05 x
 やっと鎮火したみたいですね。
Commented by maruyama_takahiro at 2009-01-01 02:53
それはよかったですね。
やはり人海戦術で消火作業にあたる方が...いいのかなぁ。

<< MIJ Made in Japan 原稿を読むこととナレーションは... >>