Webで飯を食う

これだけウェブサイトが日々大量に生成され、プロフェッショナルクォリティのサイトが溢れている世の中で、これからも個人でホームページを作って飯を食っていこうとすると、相当な努力が必要なんじゃないか...って、思う。

僕はどちらかといえば、商用/ビジネスサイトよりも、NPOや非営利系サイトの方が、自分の指向/嗜好にあっているということもあって、ビジネス系サイトを作らなくなってもう4年以上が経つ。

さて、これからもこうしてデジタル系/インターネット系/ウェブ系の仕事をしていくとなると、時代の変化に取り残されないように、少しだけリハビリが必要かなぁ...などと思っていたりする。

そういう意味でも、今取り組んでいる大物サイトは、やりがいを感じる。
ただ、このページを作ってどうやって飯を食っていくか...せめておやつの足しくらいにするにはどうしたらいいか...などを考えている。
GoogleのAdSenseやamazonのアフィリエイトなどもその対象なのだが、いまひとつ確証を持てないでいる。なにかこう...持続可能なサイト作りを考える時には、それが単なる告知用ページであるだけでなく、そのページ自身が何かを稼ぎ出すような仕組みづくりを考えなければならない。

なにかそんなことを考えている。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2009-01-10 02:57 | 日々是電網 | Comments(0)
<< 大雪から一夜明けて 昨今のホームページ事情 >>